XBOX ONE X のゲーム日記

マイクロソフトのゲーム機「XBOX ONE(もうすぐXBOX ONE X)」でゲームを楽しんでいる人のブログ

大人気のバイクゲーム「RIDE 3」を極秘入手しましたよ

f:id:XboxOneX:20200229074856j:plain

大人気のバイクゲーム「RIDE 3」を極秘入手

少し前の話しなのですが、2018年11月の発売からずっと気になっていた大人気バイクゲーム「RIDE 3」の輸入パッケージ版を極秘購入しました。

購入先は日本アマゾンで価格は5,480円だったのですが、先ほど何気に今のアマゾン価格を確かめたところ、なぜか購入時より1,838円も高い7,318円で売られていたので驚きました。

普通であれば発売から日が経つにつれてどんどん安くなっていくはずなのですが、1年近く前より1,838円も高くなっているのはなぜでしょう・・・_| ̄|○

バイクゲーム「RIDE 3」とは?

「RIDE 3」はイタリアのゲームデベロッパー MILESTONE(マイルストーン)が開発している大人気リアル系バイクシミュレーター「RIDE」シリーズの3作目で、登場するバイクの種類はモタードからスーパースポーツまでの230種類以上、コースも30種類以上が収録されバイクファンには「超」が付くほど見逃せないゲームとなっています。

開封の儀

まずはパッケージの状態を確認します。

f:id:XboxOneX:20200229074906j:plain

表面のチェック。異常はありません。

f:id:XboxOneX:20200229074859j:plain

もちろん裏面もチェックします。輸入版なのに日本語のシールが貼られています。これは輸入後に日本のアマゾンが貼ったものでしょうか・・・

f:id:XboxOneX:20200229074910j:plain

では・・・いよいよ封印シールを破ります。パッと見たところ封印シールをより破りやすくする親切なミシン目はないようです。(^^ゞ

f:id:XboxOneX:20200229074914j:plain

封印シールの端をカッターで軽く切ってから両手でパッケージを開けて封印シールを一気に破ります。今回の破れ方は『人生、楽あれば苦あり』といった感じでしょうか・・・( ;∀;)

f:id:XboxOneX:20200229074921j:plain

パッケージの中身です。ディスクのみで説明書などはありませんでした。

 

インストール

前作の合計インストールサイズは37.6GBでしたが、最新作の「RIDE 3」は24.3GBと約13GBも少なくなっています。13GBも少ないとさすがにグラフィックスやゲーム内容が前作よりも劣化しているのでは!?と心配になりますが・・・実際はどうでしょうか。。。

f:id:XboxOneX:20200301225532j:plain

さっそくプレイ

「RIDE 3」のメインメニュー画面。オプションメニューはこのメインメニュー画面で「X」ボタンを押します。

f:id:XboxOneX:20200229222043j:plain

バイクの選択画面です。最新の大型バイクだけでなくとても懐かしい小排気量2サイクルレーサーレプリカバイク(1990年式 Kawasaki KR-1S 250)も登場します。

f:id:XboxOneX:20200229222051j:plain

収録されているコースは「サーキット」「ストリート」「市街地」「スーパーモト」の5種類。「サーキット」の中には世界一過酷で有名なドイツのニュルブルクリンク北コースも収録されています。

f:id:XboxOneX:20200229222056j:plain

全長が約20Kmもあるこのニュルブルクリンク北コースはテストコースとしても有名で、世界中のメーカーが車やバイクを持ち込んで日夜テストを行っています。

f:id:XboxOneX:20200229222100j:plain

ゲームのプレイ視点は5種類です。まずは、バイクを後ろから眺める後方視点。

f:id:XboxOneX:20200229222104j:plain

次は、同じバイクの後方視点ですが若干遠めになっていますね。

f:id:XboxOneX:20200229222108j:plain

次は、ライダーポジションの視点。実際にバイクに跨るとだいたいこんな感じの視点になりますね。

f:id:XboxOneX:20200229222111j:plain

次も、ライダーポジションの視点ですが今度はヘルメットを着用しているような見え方になっています。少し黄色味がかって画面の端がけられているのはヘルメットのスクリーン越しに見ている演出のためです。

f:id:XboxOneX:20200229222115j:plain

最後は、バイクのヘッドライト付近からの視点です。

f:id:XboxOneX:20200229222118j:plain

よりスピード感を味わいたいならこの視点がおススメです。

 

「RIDE 2」と「RIDE 3」の違い

 プレイしていて感じる「RIDE 2」と「RIDE 3」の違いです。

①グラフィックスが進化

ゲームエンジンが「Unreal Engine」になってグラフィックスが進化したようです。「RIDE 2」まではジャギー(グラフィックスのギザギザ)が多く、また、背景やコース、路面などの描き込みが甘く少しチープな印象がありましたが、「RIDE 3」になってそれが大幅に改善されてリアル感がアップしています。

f:id:XboxOneX:20200229222122j:plain

②マシンの操縦感覚の違い

マシンの「操縦感覚」もけっこう変わりました。「RIDE 2」と同じ感覚で操縦するとマシンが思ったように曲がってくれません。「RIDE 2」はコーナー進入時の減速中にマシンが自然にググっと方向を変える特徴があったのですが「RIDE 3」ではそれが少ないので、同じ感覚でコーナーに突っ込むと大回りしてオーバーランします。

③ハイフレームレートに対応

「RIDE 2」のフレームレートは30fps程度の固定でしたが、「RIDE 3」には画質を重視した「ハイレゾリューションモード」と画質を少し落としてフレームレートを上げる「ハイフレームレートモード」の2種類があり、「ハイフレームレートモード」にすると60fpsの高いフレームレートでヌルヌルとプレイすることができます。

f:id:XboxOneX:20200301075249j:plain

買って正解だったのか!?

前作の「RIDE 2」がけっこう微妙だったので、正直なところ「RIDE 3」を買うことに迷いはありましたが、結果は買って「大」が付く正解でした。

その理由は画面がヌルヌルと滑らかに動く「ハイフレームレートモード」があることですが、一度「ハイフレームレートモード」でプレイしてしまうと動きの滑らかさにハマってしまい、もう「ハイレゾリューションモード」に戻すことができなくなります。(もちろん、画質を重視した「ハイレゾリューションモード」でも楽しめますが…)

また、マシンの操作感が変わったのも高く評価しています。その影響で「RIDE 2」よりマシンを曲げにくくなりましたが、走り込んでいるうちに ”ある技” を使ってググっとマシンの向きを変えることができるようになるので問題はありません。

ちなみに、その ”ある技” というのはモトGPライダー王者のマルク・マルケスがコーナーの進入時に使っているので YouTube などで動画を見れば簡単にわかりますよ。(^^ゞ

備考・その他 

2018年11月に「RIDE 3」が発売されてからもう1年3ヵ月が経ちましたが、そろそろ次作の情報がある頃では?・・・と検索してみたところいろいろと「RIDE 4」のニュースがあり、まだ詳しい内容はわかりませんが、どうやら今年2020年にリリースされることになっているようです。

「RIDE 3」の出来から考えると「RIDE 4」を予約買いしても大丈夫だと思いますけど、人気シリーズでも ”大コケ” する場合もありますからね・・・1ヶ月くらい様子を見た方が良いかもしれませんね・・・( ;∀;)

ridevideogame.com

END

人気のモトクロスゲーム「MXGP Pro(北米版)」を格安で入手しましたよ

MXGP Pro(XBOX ONE)北米版パッケージ

「MXGP Pro」をお得に入手する

楽天ポイントが3000ポイントほど貯まったのでXBOX ONE用のゲームソフトを物色していたところ、以前から気になっていたモトクロスバイクゲーム「MXGP Pro」(北米版)の新品が1,980円+送料という格安で販売されていたので緊急入手することにしました。

「MXGP Pro」(北米版)はアマゾンでも販売されていますが、どれも3,000円を軽くオーバーしているので、今回の1,980円+送料という価格はかなりお得だといえますね。

まずは「開封の儀」

「MXGP Pro」(北米版)は留守中にネコポス便で届きました。ゲームソフトは留守でもポストに投函してくれるので楽ですね。ゲームはプチプチに包まれていて、まさに完璧な梱包です。

ネコポス便で届いたゲーム「MXGP Pro」

まずは、パッケージ(表と裏)の状態を確認します。どちらも異常はありません。ビニール包装にも破れなどなく新品であることは間違いありません。※裏面の画像は省略します。

「MXGP Pro」パッケージ

次に、パッケージを包んでいるビニールをはがして「封印」を破ります。封印によっては中央に破りやすくするミシン目があったりしますが、「MXGP Pro」(北米版)にはそのミシン目がありません。

XBOX ONE ゲームソフトの封印

カッターナイフで封印に少し切り込みを入れ、そのままパッケージを開けながら封印を破ります。今回の封印の破れ方は、何となくですが20年以上前に仕事で訪ねた高知県を流れる清流「四万十川」を連想させるものがありました。

XBOX ONE ゲームパッケージの封印を破る

今回も「パッケージを開けると中は空だった・・・」という超激レアな事態には陥りませんでしたね・・・。

「MXGP Pro」パッケージ中身

インストールとテストプレイ

ゲームディスクをXBOX ONE Xに入れると、早速、インストール+アップデートが始まります。ネットワーク経由のアップデートサイズは「約15GB」とかなり大きめなので、通信量に制限がある場合は注意しなければなりません。

自分はワイモバイルのポケットWi-Fiを使っているので、明日から3日間の「通信速度制裁」が確定となりました。。。_| ̄|○

今回初めて気が付きましたが、「インストール中。」という表示のとなりにインストールが終了するおおよその時間が表示されるようになっていました。

それにしても、ネットワーク経由のインストールサイズが「約15GB」とかなり大きいのに、ディスクからのインストールサイズが「817MB」とアホみたいに少ないのはなぜでしょうね。。。

「MXGP Pro」が無事マイコレクションに追加されました。

「MXGP Pro」ダウンロードとインストール

「MXGP Pro」を起動するとオープニング画面が表示されました。モトクロスのことはよく知らないのでこの5人衆が誰なのかはわかりませんが、世界一流のトップライダーであることは間違いないはずです。

「MXGP Pro」オープニング画面

まず、自分のプロフィールを設定します。とくにこだわりが無いのでそのまま「Confirm(確認)」して決定します。

「MXGP Pro」プレイヤー設定画面

次に「チュートリアル」が始まります。チュートリアルでは基本的な操作方法(ハンドル、アクセル、体重移動など)を学びますが、操作方法は他のレースゲームとあまり変わらないので戸惑うことはありません。

「MXGP Pro」チュートリアル画面

マシンはセッティングも可能です。セッティング項目はなかなか多いのでチューニングが好きな人はガッツリ楽しめるでしょう。

自分はどちらかというと走り方で何とかしようとするタイプなので難しいセッティングは苦手です・・・_| ̄|○

「MXGP Pro」マシンセッティング画面

視点は「後方視点(近い)」「後方視点(遠い)」「ライダー視点」「ヘルメット視点」の4種類あります。どの視点も「なんか変じゃない?」と思わせるような違和感がなく思わず没入してしまいます。

「MXGP Pro」ライダーヘルメット視点

グラフィックスも細部まで書き込まれていて質感があります。バイクの動きもかなりリアルです。

「MXGP Pro」後方確認

備考・その他

これまで、パッケージ版のゲームソフトはアマゾンで購入してばかりでしたが、今回の「MXGP Pro」(北米版)のようにゲームソフトによっては、アマゾンよりも楽天市場で購入した方が断然お得な場合があるということがわかりました。

アマゾンと楽天市場をチェックするのは少々面倒ですが、約880円の価格差は決して小さいものではありませんので、今後ゲームソフトを探す際はアマゾンだけでなく楽天市場もチェックするようにしたいと思います。(^^♪

END

Xbox one S(オールデジタルエディション)が実質約10,600円で激安販売されてますよ

アマゾンの「Xbox one S」に追加特典あり

今朝、何気に新しいレース系ゲームが発売されていないかを Amazon でチェックしていたところ、とてもではなく・・・異常にコストパフォーマンスが高い商品を見つけてしまいました。

その商品は、ディスクドライブを省いてある Xbox One S(オールデジタルエディション)コンソールのソフト同梱版なのですが、通常同梱するソフトは「Forza Horizon 3」と「Maincraft」の2本だけになりますが、現在は特典で「Gears of War 4」と「Anthem」の2本も無料で追加入手できるようになっています。

Xbox One S(ADE)が実質約14,000円に

特典で入手できるゲーム「Gears of War 4」と「Anthem」はそれぞれ約4,000円と約3,000円で販売されているので実質的には7,000円の値引きとなり、Xbox One S(オールデジタルエディション)コンソールの販売価格は実質約14,000円の大特価ということになりますね。

スマートスピーカー「Echo Dot」が99円で買える

しかも、今この「Xbox one S(オールデジタルエディション)ゲーム2本同梱版+ゲーム2本追加特典」を購入すると、アマゾンのスマートスピーカー「Echo Dot」(3,480円)がたったの99円で購入できるみたいなので、これも値引きだと考えると・・・恐ろしいことに Xbox One S(ADE)が実質10,600円で入手できることになってしまいます。。。(^^ゞ

備考・その他

自分のようにスマートスピーカーには興味がなく、ほぼレース系のゲームしかしないという偏食ゲーマーにはあまりメリットを感じない特典ですが、「面白ければゲームは何でもプレイするよ!!」という肉食ゲーマーにはグッと込み上げてくるものがあるのではないでしょうか。

ちなみに、アマゾンのスマートスピーカー99円キャンペーンは予定数量になり次第終了になるみたいなので、スマートスピーカーまでガッツリとお得に入手したい!という方は早めに購入した方が良さそうです。(^^♪

END

先日買ったフルHD液晶テレビにドット抜けがありましたよ

フルHD液晶テレビにドット抜けを発見

一昨日ゲームをしていて気付いたのですが、先月購入したフルHD液晶テレビにドット抜けがありました。場所は画面の中央上部テレビ枠から3㎝で数は1個です。

気付いた時はチリやホコリにも見えたのでウエットティッシュでこすればすぐに取れるだろうと思ったのですが、その後、何度ゴシゴシとこすっても微動だにしないということがわかり、めでたくドット抜けが確定となりました。

f:id:XboxOneX:20190910104707j:plain
デジカメで画面のドット抜け部分を撮影

 

拡大して確認

画像を拡大してみるとグリーンのひとつが点灯せず黒くなっているのがよく分かりますね。

f:id:XboxOneX:20190910104728j:plain
赤丸の中央にあるピクセルのグリーンが点灯していませんね・・・

さらに拡大します。

f:id:XboxOneX:20190910104914j:plain
うぉ・・・ドット抜けめ・・・という感じです。。。_| ̄|○

ドット抜けは自分で修理できる?

実は液晶画面のドット抜けは自分で直せる場合があり、実際に自分も一度だけ直したことがあります。

その時はノートPCの液晶画面でしたが、最初からドット抜けの部分を軽く押すと点滅するという微妙な状態だったので、綿棒で何度か押しているうちに偶然点灯するようになり、その後は二度と消えることがなかったです。

f:id:XboxOneX:20190910112541j:plain
液晶画面のドット抜けは綿棒などで修理することができる場合がある

 

<方法>

ドット抜けしている部分や周辺を綿棒などで優しく押すだけです。もし何度か押してみて駄目だっとしても、繰り返すことで徐々に復活する場合があるかもしれないので、後日また気が付いた時に押してみると良いでしょう。

f:id:XboxOneX:20190910112557j:plain
ドット抜け周辺を綿棒などで優しく押します

<結果>

今回は、残念ながら復活しませんでした。。。(^^ゞ

綿棒を押す力が弱かったのかもしれませんが、あまり強く押すと今度は他のピクセルが壊れるような気がするので、ほどほどにしておいた方が良さそうですね。

f:id:XboxOneX:20190910112609j:plain
残念ながら今回は復活できず・・・

備考・その他

基本的に新品の液晶画面にドット抜けがあった場合は「返品」または「交換」をすることにしていますが、今回は1個と数も少なく、常時点灯ではなく常時不点灯なので目立ちにくいのと、購入してすでに一ヶ月ほど経っていて今さら感が半端ないのでこのまま使い続けることにします。。_| ̄|○

END

Xbox One X を縦置きにしましたよ

Xbox One X を縦置きにした理由

Xbox One X を縦置きにしたのは、メインテレビ(シャープ製4K対応テレビ)とセカンドテレビ(フナイ製フルHDテレビ)をゲームによって使い分けるために、Xbox One X をメインテレビとセカンドテレビの間に縦置きで置きたかったからです。

Xbox One X 縦置きイメージ
※テレビの切り替えは Xbox One X 背面のHDMIケーブルを自力で差し替えます。。。(^^ゞ

Amazon で縦置きスタンドを入手

今回入手した縦置きスタンドは、純正品ではなく Amazon で「1,190円」で販売されている「Vertical Stand for X-one X」という商品です。

実は、もう少し安い「999円」の縦置きスタンドもありましたが、過去レビューに「最初から取り付けのツメが折れていた」などの不良があったようなので、念のため今回は「191円」ほど高い商品にしました。

ちなみに、日本マイクロソフトも Amazon で縦置きスタンドを販売していますが、それは Xbox One S 専用なので Xbox One X には取り付けられないようです。ご注意ください。

開封の儀

開封の前に商品の状態を確認します。

f:id:XboxOneX:20190908230347j:plain
表にも裏にも大きな破損がなく良好な状態といえるでしょう。

f:id:XboxOneX:20190908230621j:plain
箱から中身を取り出します。縦置きスタンドはビニール袋に入っていました。

f:id:XboxOneX:20190908231003j:plain
ビニール袋から縦置きスタンドを取り出します。思ったよりも厚くしっかりした商品です。

f:id:XboxOneX:20190908232355j:plain
縦置きスタンドの裏側です。滑り止めのラバーが6枚も貼られています。また、取り付け方の説明がイラストで描かれています。なかなか親切な作りです。

 

取り付け位置の確認

次に、縦置きスタンドを取り付けるための確認をします。

f:id:XboxOneX:20190908231400j:plain
まずは、取り付け場所の確認です。縦置きスタンドを取り付けるのは Xbox One X の右側面になります。

f:id:XboxOneX:20190908231511j:plain
Xbox One X 右側面には縦置きスタンドのツメをはめ込む溝があります。

取り付け

では、取り付けましょう。

f:id:XboxOneX:20190908232003j:plain
取り付け方は簡単です。Xbox One X 右側面の溝の穴に縦置きスタンドのツメ2カ所を引っかけるだけです。ネジなどで固定する必要はありません。

f:id:XboxOneX:20190908233013j:plain
Xbox One X 右側面の穴に縦置きスタンドのツメを合わせたら、そのまま縦置きスタンドを前方にずらしてしっかりとはめ込み、写真のようになったら取り付け作業は完了です。

f:id:XboxOneX:20190908233435j:plain
Xbox One X を縦置きにするとこんな感じになります。なかなか良さげです。

 

Xbox One X の設置

Xbox One X に縦置きスタンドを取り付けたので Xbox One X を予定の場所に設置します。

f:id:XboxOneX:20190908233400j:plain
PCとハードディスクの間に Xbox One X を設置しました。2台のテレビはこの写真には写っていませんが、この機器類の左右にあります。

f:id:XboxOneX:20190908233529j:plain
ゲームディスク(Forza Motorsport 7)を出し入れしましたが、まったく問題なく出し入れができました。

その他・備考

まだ取り付けて数時間しか経っていませんが、今回購入した縦置きスタンドは十分な性能だといって良いでしょう。ただし、取り付けがはめ込み式なのであまり取り付けと取り外しを繰り返すとツメが消耗して固定が緩くなる可能性があるので、その辺は注意した方が良いですね。

それにしても、Xbox One X の右側面には縦置きスタンドを取り付けるための溝が切られていますが、ここまでしておきながらなぜマイクロソフトは純正の縦置きスタンドを用意しないのでしょう・・・Xbox One S だけ販売しているというのもちょっとした謎ですね・・・。

もしかすると、実はごくまれにゲームディスクが詰まる場合がある・・・という問題があるのだとしたらちょっと心配ですね・・・(^^ゞ

END

液晶テレビに「遅延」があるとゲームが上達しなくなる!?

液晶テレビの遅延イメージ

液晶テレビの「遅延」とは?

液晶テレビの「遅延」とは、コンソール(Xbox One など)が出力する映像データを液晶テレビが受け取ってから実際に画面に表示するまでの時間差のことで、この遅延が小さければ小さいほどテレビゲームに向いた液晶テレビだといわれています。

 

「遅延」が大きいとゲームが上達しなくなる?

遅延も僅かであればそれほど問題にはなりませんが、0.3~0.5秒を超えるようになると徐々に動きの激しいゲームのプレイが難しくなってきます。

なぜかというと、遅延が大きくなるとコンソール(Xbox One)が出力している映像と実際に液晶テレビが表示している映像との「ズレ」が大きくなってしまうため、正確なタイミングでコントローラーを操作することができなくなるからです。

なので、もし「どんなに練習しても速い動きに対応できない・・・」と感じているとしたら、一度、今使っている液晶テレビに大きな遅延がないか調べてみた方が良いでしょう。

f:id:XboxOneX:20190830125459j:plain
遅延が大きいとシンプルなシューティングゲームもプレイが難しくなる…

液晶テレビが大きな「遅延」を発生している

テレビゲームの遅延は以下の機器で発生します。

 ① コントローラー
 ② コントローラーと本体間の通信
 ③ コンソール(Xbox One)
 ④ HDMIケーブル
 ⑤ 液晶テレビ ← 大きな発生源

以上の3つで発生しますが、最も大きな遅延を発生しているのは⑤の「液晶テレビ」だと考えられるので、なるべく遅延を小さくしたい場合はここをしっかりと対策すると良いでしょう。

 

4K対応テレビよりもフルHDテレビ?

フルHDテレビは4K対応テレビよりも解像度が低いので映像処理も軽く「遅延が小さい」というイメージがありますが、やはりフルHDテレビでも映像の処理能力が低ければ大きな遅延が発生することには変わりがないので「フルHDテレビだから大丈夫だろう・・・」と安易に考えるのは危険です。

買ってから後悔しないためにも、液晶テレビを買う時はアマゾンや価格コムの商品レビューや口コミを徹底的にチェックし、遅延が小さいことを確認してから購入した方が良いですね。

液晶テレビの遅延チェック

液晶テレビの遅延をチェックする場合は、アナログスティックよりもオンとオフがはっきりしている「十字キー」を押した方がわかりやすいです。

また、確認のためにプレイするゲームもシンプルで処理の軽い「2D」の方が良いでしょう。ナムコのレトロゲームシリーズ「ギャラクシアン」「パックマン」「ディグダグ」などが遅延チェックにおススメです。

f:id:XboxOneX:20190830125524j:plain

遅延のチェック方法は、ゲーム内のキャラクターを何度も「十字キー」で左右に動かして、その時の液晶テレビの画面の反応をみるだけですが、この時に「あれ?」と思うほどの遅れを感じたら「遅延が大きい」と判断できるので、何かしらの遅延対策を考えた方が良いでしょう。

 

液晶テレビの遅延対策

もしゲームをプレイしている時に「動きのあるゲームがプレイしにくい」「何となく遅延が大きい」と感じたら、まず、使っている液晶テレビの「映像モード」を確認し、負荷が高い(映像調整が多い)モードだった場合は、それを負荷の低いモードに変更してみてください。

もし、負荷の低いモードに変更してもあまり変化がない場合は、さらに映像の「詳細設定」から、「ノイズ軽減」「コントラスト調整」「シャープネス処理」などの液晶テレビの負荷になりそうな調整をすべて「オフ」にしてみてください。

それでも、思ったように改善しないときは・・・残念ですが、液晶テレビを買い替えるしかないということになりますね・・・。

備考・その他

自分は、ここ最近までメインで使っている4K対応テレビ(LC-40U45)に不満を感じることはなかったのですが、先日購入したフナイ製のフルHDテレビで手持ちの約40種類のゲームをプレイした結果、メインの4K対応テレビ(LC-40U45)にはある一定以上の素早い動きに対応することが難しくなる「遅延」があるということが判明し、これまでの「小さな遅延であればゲームには全く影響ないだろう…」という考え方が間違っているということがわかりました。

「きれいな映像で楽しめればいい」というのであれば一般的な4K対応テレビで問題ないと思いますが、もし「特訓して上を目指したい!」のならば、テレビ(モニター)にもしっかりこだわった方が良いでしょう。(^^♪

END

フナイ(FUNAI)の40型フルハイビジョンテレビ「FL-40H1010」を購入した結果

f:id:XboxOneX:20190821125342j:plain
フナイの40型フルハイビジョンテレビ「FL-40H1010」(ヤマダ電機で購入)

FUNAI(フナイ)の40型フルハイビジョンテレビを購入

なんで今ごろフルハイビジョンテレビを買ったの?と疑問に感じる方もいると思いますが、つい2週間ほど前にヤマダ電機でフナイ社製の40型フルハイビジョンテレビ「FL-40H1010」を購入しました。価格はセール中だったので39,800円(税別)と格安でした。

購入した一番の理由はシャープ製の4Kテレビがある自室以外でもゲームをプレイできるようにするためですが、その他にも「フレームレートを重視すると2K画質になる4Kゲームを快適にプレイするため」と「現在の4Kテレビだと遅延の影響でマシンの蛇行が止まらなくなるレースゲームがある」という2つも購入の理由になっています。

テレビの画質・基本性能に問題なし

初のフナイ製テレビということで正直なところ若干の不安はありましたが、実際に使ってみると割安でありながらも特に他の国産メーカーに大きく劣るような部分はなく、コストパフォーマンスがなかなか高いと感じました。

Wチューナーなのでテレビを見ながらの録画も可能で、HDMI端子も3つあるので機能面でも特に不足はありません。

f:id:XboxOneX:20190822093604j:plain
さっそくテレビ番組を視聴しましたが画質は十分で、他の国産メーカーの製品と比べても差はありません。

f:id:XboxOneX:20190821125348j:plain
「FL-40H1010」のリモコン。各ボタンにしっとりとした重みがあって押し心地は良好です。欲を言えば「番組情報」ボタンが欲しかったですね。

 

Xbox One X を接続してゲームをプレイ

とりあえず、フナイ製フルハイビジョンテレビ「FL-40H1010」のゲーム性能をテストするために Xbox One X を接続して3種類ほどゲームをプレイしました。

■マイクロソフト「Forza Horizon 4」

バリバリの4K画質に対応したマイクロソフト最新のレース系ゲームです。このゲームは「ビデオ」設定の「グラフィックス」を「パフォーマンス(フレームレート重視)」にすると、画面の動きが滑らかになってよりプレイしやすくなりますが、解像度が強制的に2K画質程度に下がるので、画質よりもフレームレートを重視したいというのであれば無理に4K対応テレビでプレイする必要はありません。

今回購入した2K画質のフルハイビジョンテレビで十分だといえるでしょう。

f:id:XboxOneX:20190821125327j:plain
2K画質になるとどうしても「遠景」の表現が粗くなりジャギー(画像のギザギザ)が目立つようになりますが、このゲームはそのあたりを上手に抑えているので大きな違和感はありません。※画像は今回購入した「FL-40H1010」の画面を直接デジカメで撮影したものです。

f:id:XboxOneX:20190821125332j:plain
この画像は「遠景」のアップですがジャギーが少なく大きな違和感はありません。※画像は今回購入した「FL-40H1010」の画面を直接デジカメで撮影したものです。

■マイクロソフト「Forza Horizon 3」

このゲームも4K画質に対応していますが、「ビデオ」設定にフレームレートを重視するようなものはありませんので、4K画質も2K画質も同じフレームレートでのプレイになります。

f:id:XboxOneX:20190821125258j:plain
画質は「Forza Horizon 4」同様で、遠景までジャギーが少なく目立った違和感はありません。※画像は今回購入した「FL-40H1010」の画面を直接デジカメで撮影したものです。

■ユビソフト「THE CREW」(ザ・クルー)

ちょっと古めの2014年に登場した2KゲームUBIソフトの「THE CREW」です。

f:id:XboxOneX:20190821125310j:plain
このゲームも「Forza Horizon 3」や「Forza Horizon 4」と同じ2K画質ですがジャギーが多く至るとこにギザギザ感を感じます。

f:id:XboxOneX:20190821125319j:plain
荒野に生えている植物はまるでドットです。。。_| ̄|○

f:id:XboxOneX:20190821125315j:plain
どのシーンでもジャギーが目立ちますが、人間の不思議な適応力でそのうちに目や脳が慣れてくるので、プレイするのが苦痛になる・・・ということはありません。

遅延が少なくてプレイしやすい

その後、一日かけて所有している約40本のゲームをテストプレイしましたが、そのほとんどで「遅延」の少なさを感じました。

どのくらい「遅延」が少なくなったのかは不明ですが、4K対応テレビでプレイすると止めることができなかったあるレースゲームのマシン蛇行も素早くスティックを操作すれば防ぐことができるようになったので、「遅延」が少なくなったのは間違いないようです。

 

備考・その他

同じ2Kでもゲームによってジャギーが目立ったり目立たなかったりするのは、グラフィックスにアンチエイリアス(画像を滑らかにする処理)がかかっているかいないかの違いだと思いますが、実際のところはどうなのでしょう・・・。

これまで、Xbox One X でゲームをするならテレビも4K対応にしないともったいないのでは?と考えていましたが、ゲームやモードによっては4K対応テレビよりも2Kフルハイビジョンテレビの方が快適にプレイできる場合があるということがわかり、その考え方が変わりつつあります。

すでに家電量販店で売られているテレビの主流は4K対応テレビになっていますが、解像度よりもフレームレートや遅延の少なさを重視したいのであれば、あえて2Kのフルハイビジョンテレビを購入するのも良いかもしれませんね。(^^♪

ちなみに、フナイ製のテレビはヤマダ電機でしか購入できませんので、実物を確認したくなった時はヤマダ電機に直行してください。

END

辛口ラリーゲーム「DiRT RALLY 2.0 デラックスエディション」(北米ディスク版)を極秘入手しましたよ

f:id:XboxOneX:20190819113705j:plain

DiRT RALLY 2.0 デラックスエディションを極秘入手

つい先日の話しですが、今年2月に発売された辛口ラリーゲーム「DiRT RALLY」の続編「DiRT RALLY 2.0 デラックスエディション」(北米ディスク版)を極秘入手しました。購入先はいつものアマゾンで価格は約5,300円です。

ゲームの切り替えに手間がかかるので、できればデジタル版が欲しかったのですが、デジタル版(9,720円)とディスク版の価格に大きな差があったので今回はディスク版としました。

「開封の儀」

開封する前にまず商品の状態を確認します。今回も表にも裏にも目立ったキズや凹みはありませんでした。

f:id:XboxOneX:20190819113719j:plain

次に封印を確認します。痛みはありますが破れてはいないようです。この封印が破れていたり無いものは「中古品」となりますので返品しましょう。

f:id:XboxOneX:20190819113727j:plain

いよいよ封印シールを破ります。中央にあったミシン目のおかげで真ん中からきれいに破ることができましたが、左の方に4つの微妙なトゲが出てしまいました。

f:id:XboxOneX:20190819113730j:plain

ケースを開けるとディスクの他に2つの書類が入ってました。左はデラックス版の特典コンテンツのコードが書かれた紙で、右は説明書でした。

f:id:XboxOneX:20190819113741j:plain

 

インストール+アップデート

「DiRT RALLY 2.0」のインストール+アップデートのファイルサイズは、ディスクからが「9.51GB」でネットワーク経由が「32.75GB」になりますが、自宅のインターネットをワイモバイルのポケットWi-Fiだけでまかなっている自分としては、ディスクの約3倍というネットワーク経由のファイルサイズの大きさが非常に気になりましたね。

なぜ、これほどネットワーク経由のファイルサイズが大量になったのかは分かりませんが、グラフィックスがかなり強化されているようなのでグラフィックス関係のデータがディスクには入り切らず、やむを得ずネットワーク経由のインストールにしたのでしょう。

f:id:XboxOneX:20190819113708j:plain
ディスクからのインストールサイズがあまりにも少ない。。。_| ̄|○

「DiRT RALLY 2.0」をテストプレイ

初代「DiRT RALLY」で感じていたマシンコントロールの超シビアさが軽減され、というかほぼ解消されて「DiRT 4」に近いマイルドなマシン挙動になりましたね。また、コースは初代から確実に進化してより険しくダイナミックになりましたが、コース幅が全体的に少し広くなったので初代よりも走りやすくなっています。

f:id:XboxOneX:20190820123113j:plain

アマゾンのプレステ版のレビューに、「DiRT RALLY 2.0」は初代「DiRT RALLY」と「DiRT 4」を足して2で割ったようなもの・・・という表現がありますが、まさにその通りで、この「DiRT RALLY 2.0」は「DiRT RALLY」のコースを進化させたものに「DiRT 4」のマシン挙動を組み合わせたゲームだといえるでしょう。

f:id:XboxOneX:20190820123129j:plain

個人的には、あのシビアなマシンコントロールこそが「DiRT RALLY」だと感じていたので、プレイしてすぐに「だいぶ簡単になったなぁ・・・」と感じてしまったのですが、正直なところ初代のパッドでのマシン挙動はあまりにもシビア過ぎて苦痛を感じることが多かったので、今回のマイルド化は大歓迎です。

f:id:XboxOneX:20190820123137j:plain

グラフィックスの進化は素晴らしいです。もちろん、4K解像度に対応しているので4Kテレビでプレイすれば遠景までハッキリと見渡すことができるようになり、まるでその場にいるような没入感を得られるでしょう。

f:id:XboxOneX:20190820123141j:plain

初代「DiRT RALLY」との違い

まだ数日プレイしただけなので不完全ですが、現時点で気が付いた違いをいくつか挙げてみます。

f:id:XboxOneX:20190820123133j:plain

1.マシン挙動のマイルド化

 マシン挙動が「DiRT 4」に近いものになりました。

2.グラフィックスの進化

 初代も十分きれいでしたが「2.0」になってさらに進化したようです。

3.アイスバーンの追加

 コースによってはツルツルピカピカのアイスバーンが登場します。

4.パイクスピークヒルクライムの廃止

 崖下に転落する恐怖を味わえなくなったので少し残念です。

5.タイヤ交換の追加

 マシン修理のタイミングでタイヤ交換をしなければなりません。

 

備考・その他

初代「DiRT RALLY」の難しいマシン挙動を楽しみにしている方にはオススメできませんが、その逆で、マシン挙動の難しさがネックになって「DiRT RALLY 2.0」の購入を控えて方にはおススメできるゲームですね。

END

Xboxストアの「無名セール」で人気のゴルフゲームを緊急入手しましたよ

f:id:XboxOneX:20190727101848j:plain

Xboxストアの「無名セール」

いろいろと忙しかったこともあってすぐに気付かなかったのですが、Xboxストアで数日前から7月29日(月)までの期間限定で、人気のゲームが最大50%OFFになる無名のセールが実施されていました。

なぜ「無名」かというと、今回のセールは「E3セール」や「GWセール」のようなタイトルがない状態で開催されていたからですが、よくよく考えてみると夏休み期間に入っているので、それにちなんだセールだったのかもしれません。

 

プレイしたかったあのゲームを発見

何げなく無名セールの割引対象ゲームを確認していたところラインナップの中に、のどから手が出るほど欲しかったあるゲームが含まれているのを発見しました。

そのゲームとは、少し前にGOLD会員用のゲームとして無料で入手したゴルフゲーム「The Golf Club 2019 Featuring PGA TOUR」です。

f:id:XboxOneX:20190727101851j:plain

この「The Golf Club 2019 Featuring PGA TOUR」は、これまでプレイしたゴルフゲームの中で最もクオリティが高いと感じたゲームで、GOLD会員を解除した後も、割引セールの対象になり次第ゲーム本体を購入して続きをプレイするつもりでしたが、まさかたったの一ヵ月で50%OFFの2,700円という超が付くお買い得価格になるとは思ってもみませんでした。

日本のXboxストアから購入

ゲーム自体は海外版(英語版)ですが、なぜか日本の Xboxストアでも購入が可能でした。もちろん、ゲーム機に登録してある日本のクレジットカードで決済ができました。

海外版のゲームが日本の Xboxストアで購入できるのは、いちいち海外のアマゾンでドルやユーロの Xboxギフトカードを購入する必要がないのでとても楽ですね。

f:id:XboxOneX:20190727101855j:plain
無名セールのおかげで50%OFFの2,700円(税込)でお得に購入できました。

f:id:XboxOneX:20190727101859j:plain
決済はコントローラーでパスキーを入力して行います。

 

起動・プレイ

正式版の購入前は「GOLD会員」に参加していないと起動画面すら表示しなかったのですが、今度はオープニング画面が表示され無事に起動することができました。

f:id:XboxOneX:20190727101903j:plain
The Golf Club 2019 Featuring PGA TOUR」のスタート画面。4K解像度に対応しているので臨場感があります。

f:id:XboxOneX:20190727101907j:plain
以前作成したプレイヤーキャラクターも無事復活しました。

f:id:XboxOneX:20190727101910j:plain
ツアーを開始します。

f:id:XboxOneX:20190727101913j:plain

1番ホールのティーショット画面。このゲームのショット操作は単純で簡単ですが油断するとすぐにリズムが狂って打球が曲がってしまうので毎回のようにほどよく緊張します。

備考・その他

しばらく経ってこのゲームが割引セールの対象にならない場合は、日本アマゾンで販売しているパッケージ版を購入するつもりでしたが、運よく今回のセールで割引の対象になりました。

割引率も50%(2,700円)と高く、このゲームを入手するために一ヵ月だけ加入した「GOLD会員」の参加料金 842円を加えても合計 3,542円と、定価の5,400円よりも1,858円ほど安く入手できたことになりなかなかラッキーでした。

END

MotoGP™19 を極秘入手しましたよ(3/3)~ 北米ストアから拡張パックを購入 ~

f:id:XboxOneX:20190715152800j:plain

北米ストアから MotoGP™19 の拡張パックを購入

MotoGP™19 のクオリティが予想以上に高く長く遊べることがわかったので、ゲームに WGP500 時代に活躍したレジェンドライダー4人(W.ガードナー、W.レイニー、M.ドゥーハン、E.ローソン)を追加することができる拡張パック「HISTORICAL PACK」を購入してみました。

f:id:XboxOneX:20190715152755j:plain

北米で販売されているダウンロードコンテンツを購入するには、Xbox One のシステム設定の地域を「米国」にしてコンソールを再起動する必要があるのでご注意ください。

システム設定の地域を「米国」にして再起動したら「Store」に移動してアドオンの「MotoGP™19 Historical Pack」を探します。

f:id:XboxOneX:20190715152804j:plain

WGP500 時代に活躍した4人のレジェンドライダーを追加することができる「Historical Pack」です。価格は4.99USドル(約540円)。

 

f:id:XboxOneX:20190715152815j:plain

ホンダファクトリーのエースライダーだった「ワイン・ガードナー」。マシンは2サイクル4気筒エンジンの「NSR500」でした。

f:id:XboxOneX:20190715152808j:plain

ヤマハファクトリーのエースライダーだった「ウェイン・レイニー」。マシンはマールボロカラーの「YZR500」。

f:id:XboxOneX:20190715152811j:plain

ワイン・ガードナーと同じホンダファクトリーのライダー「マイケル(ミック)・ドゥーハン」。マシンはワイン・ガードナーと同じ「NSR500」。

f:id:XboxOneX:20190715152818j:plain

カジバファクトリーのエースライダー「エディ・ローソン」。ヤマハファクトリー、ホンダファクトリーの両方で年間チャンピオンを獲得したレジェンドライダー。

 

f:id:XboxOneX:20190715152830j:plain

ウェイン・レイニーと YZR500 のコンビは最強だった。

f:id:XboxOneX:20190715152834j:plain

2サイクルエンジンはアイドリング時にマフラーから白煙を吐きますが、ゲームではこの特徴もしっかりと再現されています。

f:id:XboxOneX:20190715152838j:plain

2サイクルエンジンの排気音もかなりリアルで、思わず自分が数十年前に乗っていた2サイクルエンジンのレーサーレプリカバイク(TZR250 や NSR250R)のことを懐かしく思い出しました。_| ̄|○

備考・その他

テレビ東京で深夜に放送されていた「WGP」のレース番組は欠かさず見てたよ!という方は迷わず買ってください。決して後悔はしないはずです。(^^♪

北米のMSストアから Xbox のゲームや拡張アドオンを購入する方法は以下の記事を参考にしてください。記事内の購入方法は今でも通用するはずです。

xboxonex.hatenablog.com

END

MotoGP™19 を極秘入手しましたよ(2/3)~ インストール&プレイ ~

f:id:XboxOneX:20190715152650j:plain

MotoGP™19 のインストール

パッケージから取り出した MotoGP™19 のディスクを Xbox One X に入れると、インストールが始まる前に「MotoGP™19 はアップデートが必要です」というメッセージが表示されます。

f:id:XboxOneX:20190715152643j:plain

ここで「今すぐアップデート」を選択すると、ディスクからのインストールと同時にネットワーク経由のアップデートファイルもインストールされ、「後でアップデート」を選択すると、ディスクにあるファイルだけでインストールが実施されます。

ちなみに、ディスクからのインストールサイズは12.93GB、ネットワークからのインストールサイズは2.98GB、合計で15.91GBになりますが、インストール後に2回目のアップデート(約2GB)があったと記憶しているので、総合計は約18GBくらいになりました。

f:id:XboxOneX:20190715152647j:plain

 

ざっくりとプレイ

ゲームをスタートすると数枚のスプラッシュ画面が表示され、ドゥカティのファクトリーライダー「アンドレア・ドヴィツィオーゾ」、ホンダのファクトリーライダー「マルク・マルケス」、ヤマハのファクトリーライダー「バレンティーノ・ロッシ」の3人が仲良く並んでいるオープニング画面が登場します。

f:id:XboxOneX:20190715152659j:plain

何かボタンを押すと「画面」の設定に進みますが、この画面の設定は一度決定しても後から変更できるので適当で大丈夫です。

f:id:XboxOneX:20190715152703j:plain

続いて「オーディオ」の設定です。ステレオ出力にするのかとダイナミックレンジの設定です。

f:id:XboxOneX:20190715152706j:plain

次に「難易度」の設定です。とりあえず中間の「ミディアム(MEDIUM)」にします。難易度の設定はオプションメニューからいつでも変更できます。

f:id:XboxOneX:20190715152709j:plain

続いてライダーの設定です。「顔」「ネーム(名)」「サーネーム(姓)」「省略名」「年齢」「国籍」をそれぞれ設定します。この設定もオプションメニューからいつでも変更できるので、自分のように何十分も悩んで時間を無駄にしないでください。_| ̄|○

f:id:XboxOneX:20190715152713j:plain

いよいよメインメニューが表示されました。メインメニューには「キャリア」「クイックモード」「ヒストリカル・チャレンジ」「マルチプレイヤー」などいろいろな項目があります。いろいろな設定を変更する「オプションメニュー」は右下にあります。

f:id:XboxOneX:20190715152717j:plain

 

とりあえず単独で走って操縦感覚をつかみたかったので「クイックモード」の「タイムトライアル」をプレイすることにします。

f:id:XboxOneX:20190715152721j:plain

「タイムトライアル」では、MotoGPクラス、Moto2クラス、Moto3クラス、Red Bull MotoGP Rookies Cup、MotoEクラス、歴史に残る2ストロークマシンなど・・・いろいろなライダーやマシンが選択できます。

まずは、現在の最高峰 MotoGP クラスに参戦しているホンダファクトリーのエースライダー「マルク・マルケス」で、日本グランプリの開催地である「ツインリンクもてぎ」(栃木県茂木町)を走ってみたいと思います。

f:id:XboxOneX:20190715152724j:plain

ピットの奥から絶対王者のマルク・マルケスらしき人物が登場しましたが・・・正直言ってあまり似てません。。。

ここまで似ていないのも変なので、もしかすると、何かの理由でわざと似せてないのかもしれませんね・・・ (^^ゞ

f:id:XboxOneX:20190715152727j:plain

マルク・マルケスがピットのライダーチェアに座りクルーと何やら会話を始めました。

マルク・マルケス「椅子に座ってグローブしてるのはおかしくない?」
隣のクルー「え?」

・・・そんな会話が聞こえてきそうです。f:id:XboxOneX:20190715152739j:plain

さっそく、ツインリンクもてぎのコースに出ましたが、すぐに MotoGP™17 よりもグラフィックスのクオリティが高くなっているのがわかりました。

前々作の MotoGP™17 のグラフィックスは、細部の描き込みが甘く全体的にのっぺりとしていて「塗り絵」のような感じでしたが、MotoGP™19 のグラフィックスは細部まで良く描き込まれ、コントラストも高く立体感と臨場感があります。

これなら「合格」です。(^^♪

f:id:XboxOneX:20190715152748j:plain

MotoGP™19 のグラフィックスモードは「高画質モード」と「フレームレート優先モード」の2種類があります。

「高画質モード」は4K解像度+HDRに対応していますがフレームレートが高くないので目が疲れます。

「フレームレート優先モード」はフルHDですがフレームレートが高いので動きが滑らかでプレイしやすいですね。

f:id:XboxOneX:20190715152751j:plain

 

プレイした感想 ~ 確実に進化した MotoGP™19 ~

ざっと数時間プレイしただけの感想ですが、MotoGP™19 はグラフィックスだけでなくバイクの動きやコントローラーの操縦感覚、ライダーの動き方やライディングフォームまでが大きく進化していると感じました。

特に、バイクというのはコーナーリング中にアクセルを開けると旋回性が上がってグイグイと曲がってくれる乗り物なのですが、MotoGP™19 はこのバイクの特徴がしっかりと再現されているので、コーナーリングが劇的に楽しくなっています。

こう言うと大げさですが、このバイクのコーナーリング感覚を味わうだけでもこの MotoGP™19 をプレイする価値があるかもしれません。(^^♪

f:id:XboxOneX:20190715152743j:plain

備考・その他

前々作の MotoGP™17 はいろいろと詰めが甘いところが目立ち、プレイを途中で止めてしまうことが多かったのですが、MotoGP™19 はそれらがしっかりと改善され、さらに、バイクという乗り物の最大の楽しみであるコーナーリングの醍醐味を味わえるゲームに進化しているので、もう一日中プレイしていても飽きることはないでしょうね。(^^♪

 

 

END

MotoGP™19 を極秘入手しましたよ(1/3)~ 開封の儀 ~

f:id:XboxOneX:20190715152659j:plain

MotoGP™19 を極秘入手

つい数日前、世界最高峰のバイクレースをリアルに体験できる MotoGP™19(北米ディスク版)を極秘入手しました。購入先は日本のアマゾンで価格は 6,322円です。

価格だけを考えれば、北米 Xbox ストアからダウンロード版を購入した方が1,000円ほど安く入手できたのですが、アマゾンのギフトカードの残額が結構あったのと、なるべく通信量を節約したいという理由があったので今回はディスク版を購入しました。

開封の儀

まずは、ディスク版の最大の楽しみ「開封の儀」の時間です。(^^♪

f:id:XboxOneX:20190715153735j:plain
とりあえず薄いビニールの包装からパッケージを取り出す前にパッケージや表紙の状態をじっくりと眺めます。どうやらパッケージや表紙に割れや凹み・破れや傷などは無いようです。

f:id:XboxOneX:20190715153739j:plain
続いて裏面をチェックします。なかなかグッドです。裏面にも特に目立つような異常はありません。

f:id:XboxOneX:20190715153742j:plain
MotoGP™19 にはファン憧れのレジェンドライダー「ケビン・シュワンツ」が登場するようです。

ちなみに、自分は一昨年のMotoGP™日本グランプリ(茂木ツインリンク)でサイン会をしている生のケビン・シュワンツを見ましたが、現役のGPライダーだったうん十年前と見た目があまり変わっていなかったので驚きました。やはり、チャンピオンライダーになる人は細胞の質が違うのでしょう。(^^ゞ

 

f:id:XboxOneX:20190715153746j:plain
続いて、ビニールの包装をはがしてパッケージ横の「封印シール」を破ります。

f:id:XboxOneX:20190715153753j:plain
封印シールの中には破りやすいようにミシン目が入っている場合もありますが、MotoGP™19 の封印シールにはミシン目が入って無かったので、一旦、封印シールの端をカッターナイフなどで少し切り込みを入れ、それからパッケージを開いて封印シールを破ります。

封印シール破れ方はいたって普通でしたが、鈴鹿サーキットの連続S字コーナーを思わせる力強いカーブが何とも印象的な破れ方でした。(^^ゞ

f:id:XboxOneX:20190715153756j:plain
パッケージを開けると「MotoGP™19」と印刷されたBlu-rayディスクが一枚入ってました。

中古ゲームだと微妙に違うディスクが入っていて思わず顔が青ざめることがあるのですが、新品の場合はさすがにそんな凡ミスはないでしょう… (^^ゞ

f:id:XboxOneX:20190715153800j:plain
ディスクのアップです。印刷されている背景模様が何とも言えず謎めいていますが、右側の模様は人の顔のアップにも見えますが、実際はどうなのでしょうか…

誰かの顔だとしたら、やはりチャンピオンライダーのマルク・マルケスでしょう…  (-ω-;)ウーンちがうかな…

 

※続きはこちら↓

MotoGP™19 を極秘入手しましたよ ~ インストール&プレイ編 ~ - XBOX ONE X のゲーム日記

備考・その他 

バイクゲームの MotoGP™シリーズは、MotoGP™15’(PS3版)と MotoGP™17(Xbox One版)を所有しているので、今回で3作目の購入になります。

MotoGP™18 は、前々作の MotoGP™17 がやや大味気味に感じたので購入を見送ったのですが、最新作 MotoGP™19 になっていろいろと改善されたらしく、YouTube プレイ動画の質が良かったのと、少ないながらもアマゾンのレビュー内容が良かったので思い切って入手してみました。

END

GOLD会員の終了でゴルフゲーム「The Golf Club 2019 Featuring PGA TOUR」が起動できなくなりましたよ

f:id:XboxOneX:20190528083256j:plain

お気に入りのゴルフゲームが起動できなくなる・・・

一ヶ月ほど前に有料の「GOLD会員」への入会と同時に無料で入手したゴルフゲーム(The Golf Club 2019 Featuring PGA TOUR)ですが、一ヶ月間の「GOLD会員」が終了になった6月27日に起動しようとしたところ、きっちりと起動しなくなっているのが確認できました・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

それにしても、読者様からのご指摘で「GOLD会員」用に入手したゲームは「GOLD会員」を終了するとプレイできなくなる・・・というのは知ってはいたのですが、まさかタイトル画面すら表示されず強制終了になるとは思っていませんでした。。。

せめて、メニュー画面が起動して今までの自分の成績だけでも確認できるようにしてもらいたかったのですが・・・そういう仕様みたいなので仕方がありません・・・_| ̄|○

f:id:XboxOneX:20190628010703j:plain
「GOLD会員」を解除すると起動しなくなる・・・

今後、どうすればいいのか?

このゲーム「The Golf Club 2019 Featurin PGA TOUR」は、過去に趣味ゴルファーだった自分が一ヶ月間毎日のようにプレイしたほど良くできているゲームなので、今後もプレイを継続したいのは山々ですが、それには「GOLD会員」に再度加入するか、約5,400円(税込)のゲーム本体を購入しなければなりませんね。

f:id:XboxOneX:20190628075629j:plain

もし、自分のネット環境が使い放題の光回線ならば迷わず年単位(5,378円)で「GOLD会員」に加入するのですが、現在はワイモバイルのポケットWi-Fiですべてのネット通信をまかなっている状態なのでそれができません。

なぜなら「GOLD会員」に加入するとどうしてもゲームサーバーとの通信量が増加するため、油断するとすぐに「ギガ不足」に陥って頻繁にワイモバイルの通信速度制裁を食らってしまうことになるからです。

 

となると、残された道は「購入する」しかありませんが、もう既に842円ほどつぎ込んでしまっているのと、今すぐにでもプレイしなければならない・・・と、急ぐような状況ではありませんので、2~3割くらい値引きされるまで気長に好機を待ってみたいと思います。(^^ゞ

備考・その他

「GOLD会員」の終了でプレイ不可能になってしまったのは少し残念ですが、このゴルフゲームの質の高さを知ることができ、また、久しぶりに「Forza Motorsport 7」のオンラインレースに参加して、現在の自分の走りのレベルが世界のどの位置にあるのかを理解できたので、一ヶ月間限りの「GOLD会員」加入は無駄ではなかったと思います。。。_| ̄|○

END

Forza Horizon 4 アップデートが配信されましたよ(Ver. 1.317.24.0)

f:id:XboxOneX:20190617095540j:plain

Forza Horizon 4 のアップデートが配信される

先日 Forza Horizon 4 の拡張パック「LEGO Speed Champions」が配信されたばかりですが、間もなくしてアップデートの方も配信されましたのでリリースノートを機械翻訳して掲載します。

ざっと確認したところ、今回のアップデートは先日配信された「LEGO Speed Champions」の不具合の修正がメインになっているようです。

f:id:XboxOneX:20190621075441j:plain
今回のアップデートのファイルサイズは「1.32GB」と小規模で助かりました…

~ リリースノートの内容 ~

以下はリリースノートを機械翻訳したものです。

<バージョンナンバー>

PC: 1.317.24.2
Xbox: 1.317.24.0

<クロスプラットフォームの修正>

・LEGO Valleyを開始したときにフルガレージを持つプレイヤーがLEGO車を獲得することを妨げていた問題を修正しました。
※この問題が発生した場合は、以下のチケットを送信してください。
・本土に戻ったときにプレイヤーが時々オーディオを失うという問題を修正しました
・“Table Flipping”ブリックチャレンジの対象となるLEGOテーブルタイプの数を増やしました
・“真に絶滅”の挑戦の対象となるLEGO恐竜の骨タイプの数を増やしました
・巻き戻し後に車のほこりが白くなる問題を修正しました
・LEGO ValleyのPR Stuntsで獲得したスターがスターカードのチャレンジにカウントされないという問題を修正しました
・LEGO valleyのファイナルがスターカードの挑戦に数えられない問題を修正しました
・クイックスタート機能によりLEGO Valleyアイコンへの移動時のロード時間が改善されました
・さまざまな安定性修正

<Xboxの修正>

・Xbox One、Xbox One S、およびXbox One Xの品質モードでfreeroamのスタッターを減らすことでパフォーマンスが向上しました。

備考・その他

より詳しい内容、原文については本家公式サイトでリリースノートをご確認ください。

support.forzamotorsport.net

END

Forza Horizon 4 拡張パック第二弾「LEGO Speed Champions」が配信されましたね

f:id:XboxOneX:20190617095543j:plain

拡張パック第二弾は「LEGO Speed Champions」

今回配信された Forza Horizon 4 拡張パックの第二弾は、デンマークの玩具会社「LEGO」が製造する組み立て玩具「LEGOブロック」のテーマ「Speed Champions」とのコラボレーションで、誰がプレイしても懐かしくファンタジー(空想的)な作品に仕上がっています。

ダウンロード・インストール

拡張パックは Forza Horizon 4 の「アルティメット版」か「拡張バンドル」を所有しインストールしてある場合はアップデートという形で配信されます。どちらも所有していない場合は「購入」となります。拡張パックの通常価格は 2,300円(税込)です。

f:id:XboxOneX:20190617095512j:plain
拡張パックということでインストールのファイルサイズは「約8.2GB」となかなか大きいです。ちょうど Xbox 360 のゲーム一本分といったところでしょうか。

f:id:XboxOneX:20190617095509j:plain
アップデートを開始すると当たり前ですがアップデートが始まります。アップデートが始まらない場合はネットワーク通信に異常がないか確認してください。

f:id:XboxOneX:20190617095507j:plain
当然ですが約8.2GBの拡張パックをインストールすると Forza Horizon 4 のファイルサイズが8GBくらい増えました・・・もちろん、ワイモバイルポケットWi-Fiの通信速度制裁は確定です・・・(^^ゞ

 

さっそくテストプレイ

拡張パック「LEGO Speed Champions」をインストールした後、Forza Horizon 4 を起動するとロード中に表示される画像に「LEGO Speed Champions」のイメージ画像が含まれるようになりました。

f:id:XboxOneX:20190617095503j:plain
ロード中に表示される「LEGO Speed Champions」のイメージ画像。このミニクーパーが最初に提供されるLEGOマシンです。ゲームのロードが終わると「LEGO Speed Champions」のイントロダクション(紹介)が始まる。

f:id:XboxOneX:20190617095540j:plain
イントロダクションに「LEGO Speed Champions」のスタート画面が表示される。

f:id:XboxOneX:20190617095643j:plain
まずは、「LEGO Speed Champions」に移動するためのワープ場所に向かいます。

f:id:XboxOneX:20190617095724j:plain
「LEGO Speed Champions」に移動すると、お決まりのロードトリップ(スタート拠点への大移動)が始まる。

f:id:XboxOneX:20190617095633j:plain
もちろんLEGOマシンにもドライバー視点がありますね。

f:id:XboxOneX:20190617095545j:plain
観客はすべてLEGO人形でカクカクと動きます。

f:id:XboxOneX:20190617095722j:plain
ゴールするといよいよ「LEGO Speed Champions」がフリープレイが可能になります。

 

「LEGO Speed Champions」の目的

今回の拡張パック「LEGO Speed Champions」の主な目的は、マップ(LEGO Valley)に散らばるたくさんのイベントをクリアーしてブロックを集め、LEGOブロックのテーマ「Speed Champions」に登場するスポーツマシンを組み立てること、また、広い空き地にポツンと建つ小さな自分の家「Master Builder's House」を拡張することです。 

f:id:XboxOneX:20190620001851j:plain
イベントをクリアーするとブロックが手に入りマシン作りやハウス作りに使用される。

f:id:XboxOneX:20190620095128j:plain
LEGOブロックで作られたマシンは「LEGO SPEED CHAMPIONS」に追加される。

f:id:XboxOneX:20190620002243j:plain
ここが「Master Builder's House」を立てる空き地。

 

LEGO Valley のマップ

LEGO Valley の大きさは、前回の拡張パック「Fortune Island」と同じくらいです。中央付近にサラサラの砂丘地帯がありますが、ここはマシンのコントロールが難しいので四輪駆動車がおススメ。

f:id:XboxOneX:20190617095716j:plain
マップの北部です。マップで見るとマップのすべてがLEGOブロックで作られているように見えますが、実際はいつもの自然のマップにLEGOブロックのオブジェクトが配置されてます。

f:id:XboxOneX:20190620100103j:plain
ここがマップ中央付近で、砂浜の近くに自宅があります。海上にある「REDBEARD'S RETREAT」と書かれた看板が何となく気になるところ。

備考・その他

第二弾の拡張パックが「LEGO」のコラボレーションと知った時の印象は「子供向けだからすぐに飽きるかもなぁ…」という少し後ろ向きなものでしたが、実際にプレイしてみると集めるブロックの数が272個と意外に多く、また、難易度も低くなっているわけではないので長く遊べそうな感じがしました。(^^♪

END