XBOX ONE X のゲーム日記

マイクロソフトのゲーム機「XBOX ONE(もうすぐXBOX ONE X)」でゲームを楽しんでいる人のブログ

THE CREW2(ザ・クルー2) を極秘入手

THE CREW2(ザ・クルー2) を極秘入手

つい数日前、XBOX ストアで開催されていた「UBIソフト割引セール」で、ダウロード版の「THE CREW2」のスタンダード版を入手しました。価格は定価で7,000円台のところを割引セールで4,000円台で購入できたのでなかなかお得でした。

XBOX ストアでは一年間に数回は割引セールを開催するので、新作も発売から数ヶ月くらい待てるなら、割引セールを利用してゲームを購入した方が小遣いを節約することができますね。

f:id:XboxOneX:20180923232414j:plainタイトル画面

THE CREW2(ザ・クルー2)はどんなゲーム?

初代「THE CREW」は自動車やバイクで広大なアメリカ大陸を走り回ってストーリーミッションやいろいろなイベントをクリアするというゲームでした。

今作も初代と同じくアメリカ大陸が舞台ですが、操縦できるマシンが自動車とバイクだけでなく、新たに航空機(飛行機、ヘリコプター)と船舶(モーターボート、ホバークラフト)が追加されたので乗り物を操縦する楽しみは大幅に増大しています。ただし、今作は初代に存在したストーリー形式のミッションが無いのでドラマの主人公になる楽しみというのはありません。

ゲームをスタートしたら好きなタイミングでレースに参加して賞金を稼ぎ、ニューマシンを手に入れてガンガン乗り回す・・・。「THE CREW2」は乗り物の操縦を楽しむ究極のゲームだといえるかもしれません。

f:id:XboxOneX:20180923234241j:plain
まるで実写?のオープニング映像

日本での評価が良くないのはなぜ?

発売直後から日本アマゾンでカスタマーレビューをチェックしていますが「THE CREW2」はどちらかというと低めの評価が多く、平均評価は中間を少し超えた「★2.7」にとどまっています。

アメリカのアマゾンでは「★3.5~4」の高評価を得ているので、このあたりはフィーリングや面白さを重視するアメリカ人と見た目と正確さを重視する日本人の国民性の違いが出ているような気がします。

個人的には今作も十分に面白いので「★4」以上の平均評価が付いてもおかしくないと思いますが、自分は大雑把な性格なので自然と高い評価になるのでしょう。

ちなみに、低評価のカスタマーレビューを読んだところ、以下の点に不満があるというユーザーが多かったです。

  • レース時にコースが分かりにくい
  • レース中に後ろのマシンが理不尽な追い上げをする
  • 夜間時のヘッドライトが暗すぎる
  • グラフィックスの質が低下した

f:id:XboxOneX:20180925085100j:plainプレイ中の画面

結局どうなのか?

「THE CREW2」は、前作である初代「THE CREW」でクルマやバイクを目的もなく何時間もマッタリ走らせてマシンのフィーリングを楽しむことができた人や、いろいろなマシンの操縦感覚を気軽に楽しみたいという人には最高におすすめできるゲームでしょう。

キャプチャー画像ギャラリー

f:id:XboxOneX:20180925221057j:plain
道路上でもマシンをモーターボートに切り替えることができる…ただし前にも後ろにも動かない…

f:id:XboxOneX:20180925221306j:plain
水上に浮かんでいる時の浮遊感は素晴らしい

f:id:XboxOneX:20180925221444j:plain
ガソリンスタンドにオッサンがいる時がある

f:id:XboxOneX:20180925221602j:plain
確かにヘッドライトは暗いですが周囲が明るいので大きな支障はない…

f:id:XboxOneX:20180925221735j:plain
夜になったら飛行機に乗り換えて街の夜景を楽しもう

f:id:XboxOneX:20180925221814j:plain
飛行機で夜の街を眺めるのは最高に楽しい

f:id:XboxOneX:20180925221906j:plain
間もなく夜明け…それにしても月がリアルで美しい…

f:id:XboxOneX:20180925221956j:plain背面飛行をしているところ…体調が悪い時にやると気分が悪くなるかもしれないのでご注意を…

f:id:XboxOneX:20180925222059j:plain
朝陽に向かってモーターボートを走らせる…リアルな波に思わず感動…

f:id:XboxOneX:20180925222356j:plain
ゲームスタート直前に必ず表示される「Xbox Live Gold」の入会画面…「Bボタン」でキャンセルしないと先に進まないので、できればこれは非表示にしてもらえると有難いですね…

END 

 

今さら XBOX360 を緊急極秘入手

なぜ今さら XBOX 360 なのか?

XBOX ONE X と XBOX ONE を持っているのになぜ XBOX 360 を入手したのかというと、それは古めのカーレースゲーム「FORZA MOTORSPORTS(フォルツァモータースポーツ)」の1~4や、「PROJECT GOTHAM RACINGプロジェクト・ゴッサム・レーシング)」シリーズをプレイするため。

できれば、XBOX ONE の下位互換でプレイできるようになるまで待ちたかったのですが、アマゾンで XBOX 360 の中古品を見ているうちに我慢できなくなってしまい入手してしまった。。。

f:id:XboxOneX:20180912225440j:plain

XBOX 360 の購入先はアマゾン

購入したのはアマゾンでバリバリの中古品です。XBOX 360 にはいろいろな種類がありますが、自分が買ったのは XBOX 360 S でハードディスクが250GBのタイプ。

本体以外の付属品は「コントローラー」「アダプター」「HDMIケーブル」の3点で、「ヘッドセット」と「コンポジットAVケーブル」の2点は欠品だった。

f:id:XboxOneX:20180912225504j:plain

困ったぞ…音が出ない…

今現在、ちょっと訳あり(仕事の関係)で数ヶ月ほど自宅を離れているので、XBOX 360 のゲームは、自宅から持ってきたパソコンのモニターでプレイするつもりだったのですが、よく考えてみるとパソコンのモニターにはスピーカーが内蔵されていなかった。

ま、音が聞こえなくても映像だけでゲームをすることは可能ですが・・・音のないゲームほどつまらないものはない・・・。

モニターをスピーカー内蔵のものに買い替えるか、家電量販店で液晶テレビを買ってきてしまえば、この問題は一発で解決してしまうのですが、数万円の出費になるのでこれは最後の手段としたいところ・・・。

そこで思いついたのが、HDMIで映像をパソコンのモニターに映して、ゲームの音は欠品している「コンポジットAVケーブル」から出力してパソコンのライン入力端子で受けるという方法。

これがうまくいけば1,000円程度の出費でゲームの音が楽しめるようになるはずだ。

コンポジットAVケーブルを入手

ということで、さっそく隣町のハードオフに行ったところ、偶然に一本だけ初代 XBOX 360 の「コンポジットAVケーブル」が見つかったのでそれを300円で購入。次に、近くの家電量販店に行って「コンポジットAVケーブル」の音声端子をミニジャックに変換するケーブルを650円で購入した。

f:id:XboxOneX:20180913000831j:plain
XBOX 360 コンポジットAVケーブル

f:id:XboxOneX:20180913000846j:plain
オーディオ端子→ミニジャック変換ケーブル

無事に問題を解決

「これで音が出ればいいんだけどなぁ・・・」と心配しながらも帰宅し、さっそくHDMI出力と同時に「コンポジットAVケーブル」を XBOX 360 の背面端子に接続。

赤と白のコードを変換ケーブルに接続して、最後にパソコンのライン入力端子に変換ケーブルのミニジャックを差し込んだところ・・・無事にゲームのサウンドがパソコンのスピーカーから聞こえてきた!ということ、でめでたしめでたし・・・

f:id:XboxOneX:20180913001602j:plain
コンポジットAVケーブルの赤と白の端子を変換ケーブルに接続する(黄色の映像端子には何も接続しない)

備考・その他 

XBOX 360HDMI出力とコンポジットAVケーブル出力が同時に可能だったので本当に助かりました。

もしも、どちらか一方しか出力しない仕様だったら確実に「スピーカー内蔵のパソコンモニター」か「液晶テレビ」を買うことになりましたからね。

マイクロソフトさん本当にありがとう。。。

終わり

イタリア製のカーシミュレーター「アセットコルサ」を極秘入手

アセットコルサとは?

先日、日本アマゾンで以前から気になっていたイタリア製のカーシミュレーター「アセットコルサ」の北米スタンダード版を購入しました。

購入価格は、税・送料込みで約3000円とややお得感がありましたが、スタンダード版は登場車種の2割くらいが有料のダウンロードマシンになっていてやや物足りないものがあるので、資金に余裕があれば最初からダウンロードコンテンツが含まれている「Ultimate Edition」(約6000円)を購入してしまった方が良いでしょう。

ちなみに、アセットコルサのゲーム機(XBOX ONEPS4)用のリリースは2年前の2016年のようです。

開封の儀

まずは開封します。

f:id:XboxOneX:20180623112433j:plain
パッケージ表面

f:id:XboxOneX:20180623112559j:plain
パッケージ裏面

f:id:XboxOneX:20180623112616j:plain
封印シールを裂きます。シールの裂け方は並といったところです。

f:id:XboxOneX:20180623112642j:plain
左側にディスク、右側には珍しく簡単な説明書が入っていました。

f:id:XboxOneX:20180623113325j:plain
説明書

インストール

インストールサイズは、ディスクが約6GB、ネットワークが約17GBで、合計約23GBでした。ネットワークからのインストール容量が多めなので現在メインで使っているポケットWi-Fiの速度制限(3日間で10GB超え)が1日で確定です・・・。

f:id:XboxOneX:20180623113943j:plain
ネットワークからのインストール量が多い

起動・プレイ

さっそく起動してテストプレイしてみます。

f:id:XboxOneX:20180623114629j:plain
落ち着いたオープニング画面

f:id:XboxOneX:20180623114712j:plain
ゲームモードは4種類

f:id:XboxOneX:20180623114747j:plain
マシンセレクト画面。約2割がダウンロードコンテンツになっている

f:id:XboxOneX:20180623114800j:plain
コースの選択画面。レッドブルリンクのみ有料コンテンツになっている

f:id:XboxOneX:20180623114817j:plain
コックピット視点では視野やシート位置の調整ができる

f:id:XboxOneX:20180623114859j:plain
プレイ画面(コックピット視点)

プレイした感想 

数日プレイした感想ですが、ドライビングの感覚は「FORZA」と「Project Cars 2」の間に位置するような感じです。ドライブ中のスピード感はやや控えめなので慣れるまでは十分に減速たつもりでも実はスピードが出ていて真っすぐコースから飛び出すことが多いです。

マシンの操縦は付属のコントローラーでも十分楽しめます。「スピード感度」「ステアリング速度」「ステアリングフィルター」「ステアリングガンマ」などコントローラーの設定は6項目あって「OPTIONS」メニューから調整することが可能です。

画質は全体的に明るくあっさりしています。このゲームは4K対応ではないと思いますが、ギザギザ感はあまり感じられず2Kと4Kの中間の解像度があるような印象です。なので50インチの4Kテレビでも十分楽しめます。 

マシンサウンドは合格点です。どのマシンもしっかりと雰囲気が出ています。中でもイタリア製のゲームだけあってやはりイタリア車(フェラーリランボルギーニ)がおすすめですね。その他、マシンによってターボの加給音やブレーキの金属音などが聞こえたり、スピードが上がるにつれて「ゴォーーーー」と風切り音が出てくるのも◎ですね。

マイナスに感じるところはほとんどありませんが、唯一、ドライブ中に表示されるコースマップのカーブが一部正確ではないと思いますので、次作ではぜひ改善してもらいたいです。

まとめ・備考

アセットコルサは、パッケージデザインが「地味」だという理由で正直あまり期待していなかったゲームでしたが、実際にプレイしてみると期待以上のクオリティーがあり、また「FORZA」や「Project Cars」とは一味違うマシンの操作感を楽しめるなかなか優れたゲームだということ分かりました。

ということで、次作「アセットコルサ2」にはかなり期待しています。

参考

Wikipedia

Assetto Corsa - Wikipedia

・公式サイト

Assetto Corsa - Your Racing Simulator for PS4, Xbox One and PC

END

【最新版】北米のXBOXストアからダウロードコンテンツを購入する方法

日本のクレジットカードは利用できない

残念ながら、北米マイクロソフトストアと北米XBOXストアでは、日本のクレジットカードを利用することができませんので、ゲームはもちろん、ダウンロードコンテンツもギフトカードも購入不可能です。

以前は「PayPal」を経由すると日本のクレジットカードでも購入ができたみたいですが、今はその方法も使えなくなっているようです。

その他にも、日本のマイクロソフトストアから「北米のギフトカードを自分宛てに贈る…」という裏技的なギフトカードの入手方法があったようですが、現在はその方法も不可能でした。

f:id:XboxOneX:20180616075727j:plain
北米のXBOXストアでは日本のクレジットカードを利用できない

北米アマゾンから北米用ギフトカードを購入する

北米のマイクロソフトXBOXストアで日本のクレジットカードが利用できないとなると、残るはネットショップで売られている「北米用ギフトカード」を購入して、XBOXのアカウントにチャージするしかありませんが、日本アマゾンや楽天市場で販売されている北米用ギフトカードは安心して購入することができますが、手数料が割高になっているのが気になります。

もし1度や2度ではなく、今後もちょくちょく北米用ギフトカードを利用する可能性があるというのであれば、最初から北米アマゾンから直接購入するルートを作っておいた方が良いですね。

まずは、購入するための準備

北米アマゾンから商品を購入するために必要なものは以下となります。

  • クレジットカード(今のところ日本のもので可能)
  • 北米の住所(仮の配送先)
  • メールアドレス(北米アマゾンの登録用)

以上の3点です。

購入手順

① 北米アマゾンにアカウントを作って北米の住所を登録

まず、北米アマゾンに自分のアカウントを作ります。北米アマゾンのサイトに移動するには、日本アマゾンのページの終わりの方にある、日本の国旗と「日本」と表示されているボタンを押して、表示された地域選択画面で「アメリカ合衆国」を選択してください。

アカウントの作成手順は日本のアマゾンと同じですが、名前や住所などの入力項目は英語とローマ字で入力します。

それと、購入手続きで商品の配送先となる「北米の住所」が必要になってくるので、適当な北米の住所をアカウントに追加することになりますが、ただ、あまりにもいい加減な住所にしてしまうのはマズイと思いますので、実在するホテルの住所などを登録します。

f:id:XboxOneX:20180615005628j:plain

<例> ※オレゴン州のホテル
アドレス:12048 Northeast Airport Way
街:Portland
州:Oregon
郵便番号:97220
国:USA
TEL:xxxxxxxxxx(ネットで調べる)

② 北米アマゾンにクレジットカードを登録する

北米アマゾンにアカウントを作って北米住所の登録が終わったら、次はクレジットカードを登録します。

自分の場合は、普段使っている日本のクレジットカードを登録しましたが、登録から購入まで特に問題になることはなかったです。

③ 北米アマゾンで北米のXBOXギフトカードを購入する

次に、北米アマゾンでXBOXのギフトカードを探して購入しますが、ギフトカードは必ず下の部分に「DIGITAL CODE」と書かれたものを購入してください。

「DIGITAL CODE」と書かれていないものを購入してしまうと、店舗で売られている紙ベースのギフトカードが①で設定た北米の住所に配達されてしまいます。

購入の手順は日本のアマゾンとあまり変わらないので、少し英語が分かれば苦労することはないと思いますが、ギフトカードを購入する前に、あらかじめアカウントのデフォルト配送先を①で作った「北米の住所」に設定しておくのを忘れないでください。

なぜかというと、デフォルトの商品配送先が日本の住所になっていると購入手続きの途中で「この商品は日本からの購入はできません」という注意が表示されて、購入手続きを強制的にストップしてしまうからです。

f:id:XboxOneX:20180615083151j:plain
必ず「DIGITAL CODE」と入っているものを購入する

④ ギフトカードのコードを確認する

購入手続きが終わったら、そのままギフトカードのコードが発行されるのを待ちます。コードの発行は早くて数分、遅くなると時間単位で待つこともありますので、すぐに発行されないからといって焦る必要はありません。 

コードが発行されるとメールで知らせてくれますが、メールには発行されたコード番号が記載されていないので、北米アマゾンにログインして自分のオーダー履歴ページから「Go to Your Games Library」というボタンをクリックして確認します。

f:id:XboxOneX:20180615005744j:plain
「Go to Your Games Library」をクリックする

 

f:id:XboxOneX:20180615005825j:plain
このページでギフトカードのデジタルコードが確認できる

XBOXアカウントにドルをチャージする 

XBOXからドルのギフトコードを入力すると「支払いオプション」にドルの金額が追加され表示されますが、XBOXアカウントへのドルのチャージは、念のためXBOX本体のシステム設定にある「国や地域」の設定を「米国」に変更して、XBOXを再起動してから行ってください。

理由は、自分が「米国」に設定してからギフトコードを入力したからですが、それと、あらかじめ「米国」に設定しておけば、再起動することなくすぐに北米のXBOXストアにアクセスしてコンテンツを購入できるからです。

f:id:XboxOneX:20180615010946j:plain
日本円に加えてドルの金額が表示される

ダウンロードコンテンツを購入する

アカウントへのドルのチャージが無事に終わったら、あとは日本のXBOXストアと同じ手順で北米XBOXストアからダウンロードコンテンツを購入します。

そして最後に、北米XBOXストアからコンテンツの購入が終わったら、XBOX本体の「国や地域」の設定を「日本」に戻して完了です。

f:id:XboxOneX:20180615011023j:plain
今回はアセットコルサのポルシェパックを購入しました

f:id:XboxOneX:20180615011126j:plain
このパックで7台のポルシェマシンが使えるようになります

f:id:XboxOneX:20180616222621j:plain
ポルシェパック購入前はすべてのポルシェマシンが使用不可でしたが・・・

f:id:XboxOneX:20180616223527j:plain
パックの購入後は赤枠の3台が使用可能になった(他の4台は別ページ)

備考など

日本のマイクロソフトストアやXBOXストアを保護するために、北米ストアのゲームやダウロードコンテンツを直接購入させたくないのは当然のことだと思いますが、アセットコルサのような、ダウンロードコンテンツを追加しないと少し物足りないと感じる海外ゲームも存在しますので、可能であれば海外のコンテンツを日本のXBOXストアから日本円で購入できるようにしてもらいたいですね。

END

トリガーの動きが悪くなったのでコントローラーを分解して修理してみた

右トリガーの動きが悪くなった原因は?

XBOX ONE X を購入してから約9ヶ月。レース系ゲームで酷使し続けたせいだと思いますが、右トリガーを8割以上引くと部品がどこかにこすれてギシギシと引っかかるようになってしまった。

始めは右トリガーのヒンジ部分にグリスを塗ればスムーズに動くだろうと考えていたのですが、いろいろ試行錯誤したところヒンジ部分ではなく、トリガーの角が本体にこすれていることが判明したので、ちょっと面倒くさいのですが分解して修理することにしました。

f:id:XboxOneX:20180603160225j:plain
赤い矢印の場所でトリガーと本体が当たっていた(画像は修理後のもの)

コントローラーの分解と修理の手順

実際のところコントローラーの分解は難しくはありません。ただ、普通のドライバーではなくT8サイズのヘックスレンチ(トルクスレンチとも言います)が必要になるので、作業を始める前にホームセンターなどで買っておいてください。値段は1000円以下です。

f:id:XboxOneX:20180603160456j:plain
ヘックスレンチ(トルクスレンチ)は穴付きのものを使ってください

① グリップ部分の背面カバーを外す

いきなりですが、ここが最大の難所です!ドライバーなどを使ってこじ開ける方もいるようですが、自分は右手の4本指の爪だけでなんとかこじ開けることができました。

f:id:XboxOneX:20180603160642j:plain
人差し指から小指までの爪を赤い矢印に合わせて引っかけてグイっとこじ開けます。

f:id:XboxOneX:20180603161240j:plain
こじ開けるとこうなります。あとはバキバキっと外しますが、よほど変な方向に力を加えない限りプラスチックが割れることはないでしょう。

f:id:XboxOneX:20180603161326j:plain
無事にグリップの背面カバーを外すことができました。この作業を左右で行います。

f:id:XboxOneX:20180603161838j:plain
左右どちらも外します。

② 本体の背面カバーを外す

本体の背面カバーを外すにはT8ドライバーで5本のネジを外しますが、そのうちの1本は電池室のシールの裏に隠れているのでそのシールを毛抜きなどを使ってはがします。※このシールをはがすと保証が無効になるそうなので覚悟してください。

f:id:XboxOneX:20180603161808j:plain
カッターの先などでシールの角をめくったら毛抜きでつまんではがします。

f:id:XboxOneX:20180603162721j:plain
シールをはがしたらカバーを取り付けている5本のネジを外します。

f:id:XboxOneX:20180603162904j:plain
5本のネジを外すと裏カバーが簡単に外れます。

f:id:XboxOneX:20180603163110j:plain
そして、表カバーも簡単に外れます。

③ トリガーにあたる部分をヤスリで削る

今回の問題は右トリガーが本体裏カバーに接触してしまうことが原因になっているので、本体裏カバーの一部を鉄のヤスリで削ります。

f:id:XboxOneX:20180603163735j:plain
赤い矢印の部分をガリガリと削ります。(画像は削ったあとのものです)

f:id:XboxOneX:20180603164159j:plain
ギリギリにしてしまうとまた同じ問題が起きる可能性もあるので、多めに削ってしまいましょう。

f:id:XboxOneX:20180603164638j:plain
ちなみに、今回使用したヤスリはプラモデル用です。

④ 元の状態に組み上げて完了

左右どちらも削り終わったら、逆の手順でコントローラーを組み上げて完了です。

f:id:XboxOneX:20180603165010j:plain
今回の作業で、右トリガーとコントローラー裏カバーに十分なすき間が確保できました。

まとめ

動作を確認したところ、右トリガーにあったギシギシ感はまったくなくなり、再びスムーズな右トリガー(アクセル)操作が可能になりました。これでまたレース系ゲームを思う存分に楽しむことができそうです。

ということで、最近トリガーがちょっと変なんだよなあ・・・と感じている方はぜひ今回の記事を参考にして修理にチャレンジしてみてください。

END

【お得情報】ナムコの名作ゲーム「パックマン・ギャラガ・ディグダグ」が3点セットで税込270円

ナムコの名作ゲームが3点セットで270円

XBOX ストアで、バンダイナムコの名作レトロゲームパックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」が3点セットで税込270円(通常1080円)という激安価格で販売されています。

割引の期間はあと2日間なので「安ければ買ってもいい」という方はくれぐれもお見逃しなく・・・

ちなみに、「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」を個別に買うと1つあたりが税込540円なので合計で1620円と割高になるので、3点セットでの購入が賢いですね。

f:id:XboxOneX:20180528190352j:plain

インストール

今から40年近く前のゲームなのでダウンロードは1つあたりせいぜい10MB程度だろうと思ったのですがその考えは砂糖並みに甘かったです。

いざダウンロードが開始されると3つともそれぞれ900MB前後もあり、結局のところ合計で約2.7GBという大きなダウンロードサイズになってしまった・・・。

正直、これには死ぬほどドン引きしましたね・・・。なぜなら、この3本のダウンロードで明日のワイモバイルのポケットWi-Fiの速度制限(3日間で10GB超え)が確実になったからです。。。

f:id:XboxOneX:20180528190825j:plain
まずはパックマンのダウンロード(約900MB)

f:id:XboxOneX:20180528191857j:plain
次にギャラガ(約900MB)

f:id:XboxOneX:20180528191921j:plain
そして最後はディグダグ(約900MB)のダウンロード。。。

起動&プレイ

それぞれのゲームを起動すると自分が子供の頃に近所の駄菓子屋やゲームセンターで聴いた懐かしいオープニングサウンドが流れます。

プレイ画面自体は4Kに対応していて滑らかでキレイですが、中央のゲーム画面は当時のドット絵がしっかりと再現されていてレトロ感は抜群です。

もちろん、ゲームサウンドも昔のままですが、3つのうち特に「ギャラガ」のサウンドは何ともいえない哀愁があって素晴らしいです。

f:id:XboxOneX:20180528193224j:plain
パックマンのプレイ画面

f:id:XboxOneX:20180528193343j:plain
ギャラガのプレイ画面

f:id:XboxOneX:20180528193400j:plain
ディグダグのプレイ画面

その他・備考

約40年前のゲームということで、最新のゲームとは比べものにならないほど画面もサウンドもとてもシンプルですが、名作というだけあってゲームとしての面白さには間違いないものがありますね。

END

悪路走破ゲーム「スピンタイヤ・マッドランナー(Spintires: MudRunner)」を極秘入手

スピンタイヤ・マッドランナーを極秘入手

つい先日、Amazon で「スピンタイヤ・マッドランナー(Spintires: MudRunner)」という面白いゲームを購入しました。

このゲームは、いろいろなタイプの四輪駆動トラックを駆使して泥道を突き進み、森で切り出された木材を運搬するというちょっと変わったゲームなのですが、海外でとても人気があるらしく売上本数はなんと100万本を突破しているそうです。

f:id:XboxOneX:20180527192835j:plain
「スピンタイヤ・マッドランナー」パッケージ表(北米版)

f:id:XboxOneX:20180527212851j:plain
パッケージ裏面

f:id:XboxOneX:20180527212943j:plain
パッケージの封印にはミシン目が入っていないのでカッターで切り込みを入れましょう

f:id:XboxOneX:20180527213126j:plain
切り込みから封印を裂きます

f:id:XboxOneX:20180527213239j:plain
無事開けることができました(説明書類は一切なし)

インストール

ディスクを取り出して XBOX ONE X に差し込むと自動でインストールが始まります。インストールサイズは、ディスクが約 236MB でネットワーク経由が 1.11GB です。

ディスクからのインストールサイズがとても少ないのでゲームのクオリティが心配でしたが、4K画質にも対応しているのでまったく問題はありません。

f:id:XboxOneX:20180527213826j:plain
インストール中・・・ディスクからのインストールサイズはとても小さい

いざプレイ!

インストールが終わったのでさっそくプレイしてみます。

f:id:XboxOneX:20180527215124j:plain
マッドランナーのオープニング画面

f:id:XboxOneX:20180527221146j:plain
ゲームが始まると問答無用でチュートリアルが始まる

f:id:XboxOneX:20180527221034j:plain
メインのメニュー画面

f:id:XboxOneX:20180527221546j:plain
トラックに取り付ける荷台や部品を選択しているところ

f:id:XboxOneX:20180527221606j:plain
常時地面が泥でぬかるんでいるためわだちにタイヤをとられやすく、慣れないうちは10メートル進むのも簡単ではありません・・・

f:id:XboxOneX:20180527222102j:plain
ミッションの説明画面。北米版なのですべて英語です。ネットで翻訳するか辞書を引きながら頑張って理解しましょう・・・

f:id:XboxOneX:20180527222308j:plain
けん引してきた荷台をバックで指定の赤い位置に下ろすトレーラーのミッション。理屈では分かっていても思い通りには動かない荷台。想像をはるかに超える難しさがある。

f:id:XboxOneX:20180527223700j:plain
何度やっても指定の位置に荷台を下ろせず・・・22:00を過ぎて周囲は真っ暗になってしまう・・・おかげでトレーラーの運転手さんの運転技術が優秀だということが良くわかった・・・

f:id:XboxOneX:20180527223921j:plain
運転席視点。メーターパネルは仮想的ですが、トラックを運転している雰囲気は十分味わえる

まとめ

慣れないうちはトラック独特の難しいハンドル操作に違和感がありますが、慣れてくると逆にその難しさが病みつきになると思います。森の中で木材を運搬するという仕事のようなゲームですが、自然が好きな人ならまず買って損はないでしょうね。

それと、無料のダウンロードコンテンツ「The Valley DLC」がアメリカの XBOX STORE にありますので、マッドランナーを持っている方はダウンロードするのをお忘れなく。

※アメリカの XBOX STORE からダウンロードコンテンツを入手する場合は、一度システムの「国や地域」を米国にする必要があります。

END