XBOX ONE X のゲーム日記

マイクロソフトのゲーム機「XBOX ONE(もうすぐXBOX ONE X)」でゲームを楽しんでいる人のブログ

50インチの4Kテレビ + XBOX ONE で「FORZA HORIZON」をプレイした結果

2週間ぶりに XBOX ONE を起動

今日は、XBOX ONE X を導入してからプレイする回数がグッと減ってしまった XBOX ONE を起動して、FORZA HORIZON シリーズ初代となる「FORZA HORIZON」をプレイしました。

2週間動かしていなかったせいか、コントローラーの「X」ボタンを押してから「ピコッ!」と XBOX ONE が反応音を出すまでの時間が少し長かったような気がしますが、これはおそらく気のせいでしょう。

ちなみに、初代「FORZA HORIZON」は、2012年にマイクロソフトから発売されたストリートカーレースゲームで XBOX 360 用となりますが、マイクロソフトが徐々に進めている後方互換対応によって、XBOX ONEXBOX ONE X) でもプレイできるようになっています。

f:id:XboxOneX:20180126172959j:plain
くずかごを蹴散らすと中のゴミが派手に飛び散る(FORZA HORIZON)※キャプチャー画像

f:id:XboxOneX:20180126235007j:plain
大きな滝がある(FORZA HORIZON)※キャプチャー画像

XBOX ONE + 50インチ4Kテレビでプレイ

XBOX ONE は4K映像を出力できないので4Kテレビでプレイするには少し無理があると思われがちですが、実はそうではありません。

ゲーム自体が 1080p 向けに作られていて(4Kテレビの)アップコンバート機能が優れていれば、「XBOX ONE + 50インチ4Kテレビ」という組み合わせでも、ある程度きれいな画質でゲームを楽しむことができます。

もちろん、4Kテレビには XBOX ONE X や XBOX ONE S を組み合わせるのがベストだというのは言うまでもありませんが、画質だけを抜き出して比べれば感覚的な差は思ったほど大きくないような気がします。

f:id:XboxOneX:20180127103858j:plain
同じ1080p でも画質は初代 FORZA HORIZON よりも断然優れている(FORZA HORIZON 3)※4Kテレビの画面を撮影

f:id:XboxOneX:20180127105104j:plain
背景もなかなか細かくクルマの質感も十分(FORZA HORIZON 3)※4Kテレビの画面を撮影

f:id:XboxOneX:20180127105123j:plain
輪郭がボケたり派手なギザギザが出ることもない(FORZA HORIZON 3)※4Kテレビの画面を撮影

映像の質は4Kテレビの実力次第

XBOX ONE は4K出力に対応していないため映像出力は最大でフルHD(1080p)止まりになります。なので、最終的な画質は4Kテレビが持っているアップコンバート機能(フルHDの映像を4Kに拡大する機能)の実力次第になってくるでしょう。

もし、XBOX ONE と4Kテレビを組み合わせるなら、リフレッシュレートや遅延などに加えて「アップコンバート機能」の性能(画質)も合わせてチェックした方が良いかもしれません。

f:id:XboxOneX:20180127012121j:plain
XBOX ONE はフルHD1080p(2K映像)で認識される ※4Kテレビの画面を撮影

f:id:XboxOneX:20180126234920j:plain
シャープの4KテレビLC-50U45に出力した画像(リアルに見えますがハンドルを握っているのはゲーム内の手)※4Kテレビの画面を撮影

f:id:XboxOneX:20180127022829j:plain最近のゲームと比べると背景は作り物っぽい ※4Kテレビの画面を撮影

f:id:XboxOneX:20180127022524j:plain
画面に表示される文字にギザギザ感は少なく常時ハッキリしている ※4Kテレビの画面を撮影

まとめ

もし「ゲーム機をXBOX ONE X や XBOX ONE S に買い替えられないから4Kテレビに切り替える必要はないよ・・・」と考えているとしたら、それはもったいないかもしれません。なぜなら、最近の4Kテレビはアップコンバート機能が優れているので、2K映像(1080p)をかなりきれいに4Kサイズへ拡大してくれるからです。

目の前の視界を大きく奪う大型テレビでプレイすると、ゲームはゲームという領域を超えてより体験に近いものになってくるような気がします。

一般の高速道路を時速350キロで走行して手に汗を握り、スピンすれば目が回り、激突の瞬間にドッと冷汗が出たり、高い崖からジャンプすれば浮遊感で鳥肌が立ったり・・・と、日常のドライブでは味わえないスリルを安全に体験できます。

50インチ前後の4Kテレビを購入するとなると10万円近くの出費になりますが、その後のゲームの楽しさが何倍にも拡大すると考えれば、決して高い買い物ではないでしょう。

END