XBOX ONE X のゲーム日記

マイクロソフトのゲーム機「XBOX ONE(もうすぐXBOX ONE X)」でゲームを楽しんでいる人のブログ

はたして4K対応テレビを買って正解だったのか?

管理人が使用しているシャープ製4K対応テレビ(LC-50U45)

自分が4K対応テレビを買った理由とは?

自分がなぜ4K放送が開始されていない2017年12月の段階で4K対応のテレビを購入したのかというと、まず一つが、Xbox One X を運良く発売日に入手できたということ、そしてもう一つが、Xbox one X の入手した時期に Forza Motorsport 7 が4K画質対応で発売されたこと、この2つがタイミング良く重なったために4K対応テレビの購入に踏み切ったということです。

購入のきっかけは Xbox one X と Forza Motorsport 7 の入手

4K対応テレビで何が変わったか?

24インチの2Kテレビを使用していたころは思いっ切り画面に目を近づけない限り迫力というものを感じることはなかったのですが、50インチの4K対応テレビに変えてからは少し離れたところからでも十分に迫力を感じることができるようになりましたね。

また、画面が大きく解像度も高くなったことで臨場感も大きく増しています。特に4K画質に対応したゲームをプレイしている時は、自分がまるでゲームの中に入り込んでしまったような錯覚に陥ることがあり、もはや4K映像のゲームはゲームを超えて体験に近いものに進化していると感じます。

f:id:XboxOneX:20181105190138j:plain
50インチの4K対応テレビで飛行機を操縦した時の浮遊感と臨場感はなかなか

その他には、画面に目を凝らす必要がなくなったので目の疲れが大きく軽減されたことが挙げられますが、これはゲームだけではなく普通にテレビを視聴している時にも感じられる嬉しいメリットです。

しかし、デメリットもある

しかし、50インチの4K対応テレビに変えて感じたのはメリットだけではありません。少数ですがやはりデメリットだと感じるところがあります。

まず、4K画質に対応していないゲームをプレイすると、映像の粗(ギザギザ)のようなものまでも大きく拡大されそれが目立ってしまうことです。解像度が 1080p であればそれほどではありませんが、ひと昔前の 480p や 720p のゲームになるとそれなりに拡大感が目立ちます。

f:id:XboxOneX:20181105214431j:plain
Xbox版「Project Gotham Racing 2」の画面をデジタルカメラで撮影(Xbox 360

次に、何となくですが、以前よりもプレイ後の「疲労感」が強くなっているような気がします。これは年齢のせいもあるとは思いますが、4K化で画面の大きさが4倍になっているので、体に悪いとされるブルーライトや電磁波の量も増えているのではないかと気にしています。

最後のデメリットは、以前よりも楽しんでゲームができるようになってしまったせいで、長時間プレイしてしまう回数が増えてしまったことです。これはまさに「起動したら最後・・・」という感じで、数時間をあっという間に消費してしまいますので・・・。

4K対応テレビを買って正解だったのか?

これは、確実に「正解」だといえます。Xbox one X や Xbox one S を持っている人なら一日も早く購入して4K対応テレビのその迫力と臨場感を体感して欲しいところですが、そろそろ4Kチューナーが内蔵されたモデルが登場しているようなので、これから購入するなら焦らず慎重に検討した方がいいかもしれません。4Kチューナーの有り無しは大きな違いですからね・・・。

ただ、もし自分がこれから4K対応テレビを購入するとしたら、初期費用を抑えるために4Kチューナーが内蔵されていないモデルが型落ちで激安になるのを待ちたいですね。

END